風俗の品位を落とすな

なぜかいつも目に留まるからこそ

風俗のホームページを見ていると、いつも目に留まる子がいたんですよ。正直、そこまで好みの外見でもないんです。それでも彼女にはどうしても目が留まるので、もしかしたら彼女から何かを感じているのかなって思って彼女を指名してみたんですよ。気になるこがいるなら指名すべきですしね。実際に指名してみると、知り合いでもなければ、誰かに似ているとかでもないんですけど、とっても一生懸命な女の子だったのは紛れもない事実です。そのおかげでこっちも感謝の気持ちが芽生えましたし、やっぱり気持ちが入ると自分の満足度も変わってくる部分が出てくるじゃないですか。そのおかげでか、彼女にして良かったなって気持ちが強まっています。こういった展開になるってことを予感していたのかは分かりませんけど、自分の直感を信じてたまには目に留まった風俗嬢を指名してみるのも良いのかなって。理屈では語れない部分ですけど、風俗は理屈ではなく本能で楽しむものですしね。

並びたくないんですよ

風俗以外のサービスであれば並ぶのは仕方ないよなって思いがあるんですけど、風俗に関しては並ぶのは面倒かなって思ってしまうんですよ。待合室の雰囲気の問題もあると思うんですよね。あの独特の空間は、お世辞にも自分にとってはあまり居心地に良い場所ではないというか、やっぱり恥ずかしい部分もあるじゃないですか。風俗マニアともなればそんなことは気にせずに楽しめるものなのかもしれないんですけど、自分はまだ少し恥ずかしいんですよね。だから待合室はあまり使いたくないんですよ。そうすると、予約しないでもすぐに入れるところか、あるいは待合室を使わない風俗かなと。その答えがデリヘルなんですよね。デリヘルなら、そもそも店頭まで行く必要もないので自分の好きな時に楽しめますし、仮に合流時間がかなり先だとしても、それはそれで誰かに怒られたりとか、あるいはどこかで待機していなければならないこともないですしね。だからデリヘル派なんですよ。