風俗の品位を落とすな

いつもの気持ちは自分次第

いつもの気持ちになるのかどうかって、結局自分次第だと思うんですよね。風俗での話ですけど、どんなきもっで楽しみたいのかは、本当に自分次第としか言えないんですよ。なぜなら、その日どんな気持ちになるのかは本当に自分だけしか分からないじゃないですか(笑)さきのことなんてほんとうにわからないですよね。それに、風俗って性欲を満たすものなので、まったく状況が分からないのもある意味では仕方ないんじゃないかなって思うんですよ。むしろそれは致し方ない部分かなって。だから風俗では自分の気持ちに正直になることを心掛けるようにしているんです。そうじゃないと、結局の所自分がどうすべきなのかが見えてこないんじゃないのかなって思うんですよね。それくらいとっても大切なことだと思っていますし、それに気分で選ぶのは決して悪いことではないですしね。それも含めて、風俗は理屈とか頭だけで考えるものではなく、体で感じるものなんじゃないかなって。

妄想も形にしてこそですしね

妄想はとっても楽しいので、風俗店のホームページを見ては妄想を繰り返しています。妄想と言ってもいろいろなバージョンがあると思うんですけど、自分が良くする妄想は、実際にプレイをした際、どんな表情になるのかっていう妄想なんですよ。風俗店のホームページに掲載されている画像は、基本的に普通の表情じゃないですか。可愛い子もいれば綺麗だなって思う子もいますけど、そういった子が感じたらどんな表情を見せてくれるのか。そこが自分の風俗の醍醐味の一つと言うか、感じる部分でもあるんですよね。普段は澄ましているような風俗嬢でも感じた時だけは「女」に戻るんです。その表情を見るのが自分はたまらなく好きなんですよね。あの表情を見るためだけに風俗を楽しんでいると言っても過言ではないだけに、ホームページを見た段階でどういった形になるのかを妄想するのが自分なりにとっても楽しい事なんですよね(笑)むしろその妄想を超える相手を待ち望んでいるんです。